キュウリの植え付けと管理

キュウリの植え付けと管理



植え付け時期

4月中下旬~5月上旬
本葉3~4枚前後の苗を植え付ける。
連作を嫌うので、接ぎ木苗を利用するとよい。

苗の植え方

①植え付け数日前に、1m2あたり、苦土石灰100~150g・堆肥約1kg、化成約100gを全面に散布してよく耕す。
この時、瓦礫を取り除き、土の塊は細かく砕きましょう

②ポットと同じくらいの植え穴を掘る。

③植え穴に十分水を入れ、水が引いたら、顆粒状の殺虫剤を少し入れる。

④殺虫剤が隠れる程度に土をかけ、根鉢を崩さないように苗をおく。※前日夕方に水をかけておくと鉢から抜けやすい。

⑤深植えにしないように注意し、穴を埋め戻す。接ぎ木苗の、接ぎ木部分は必ず地上部に出すこと。
※植え付けは風のない日に行いましょう

⑥植え付けたら、直ちに、水をたっぷりかける。

⑦乾燥しないように敷きわらやマルチを行うと効果的である。

⑧防風や保温のための支柱や行灯(あんどん)を立てて養生する。


植え付けの様式

支柱立てと誘引

草丈が40cm以上になったら大きな支柱に換える。
つるが上に伸びるように、苗の内側にネットを張る。
※地這いキュウリの場合は、仮支柱を丈夫なものと交換する。
※枝や幹を強く縛りすぎないように注意

仕立て方

4~5節以下の子つるは、全て取り除く。
果実の着き方は、品種によって異なるため、一般的な品種を図示する。

追肥

果実の直径が1cm前後になったら、化成を与える。(40~50g/m2
以後、15~20日間隔で行う

収穫

長さ20cm程度を目安に収穫を行う。

変形果

肥え切れによる草勢低下や、日照不足により、尻太り果・尻細り果や曲がり果が発生する。

病害虫防除

べと病、うどん粉病、ハダニ、アブラムシなどが発生する。
それぞれ、適用農薬を使って防除する。
※シルバーマルチを使うと、アブラムシが寄りつかない