ゴーヤ(ニガウリ)の作り方

ゴーヤ(ニガウリ)の作り方



種まき

時期 4月中下旬~5月
方法 種子を一晩吸水させ、ポットに3粒程度まき、2cm程度の覆土をする。


間引き

本葉が1~2枚出たときに、間引きをして1本にする。

※間引きした株は、補植用として、別のポットに移し替えておくとよい。

植え付け準備

あらかじめ、1m2あたり、苦土石灰100~150g、たい肥約2~3kg、化成肥料約100gを散布して、よく耕し、幅約80cmのうねを作っておく。

直まきする場合は、80cm程度のうねに、40~50cm幅で、80~100cm間隔で2~3粒ずつまく。
草丈が15cmになったら草勢の強い株1本を残して取り除く


植え付け(ポット育苗の場合)

①ポットと同じくらいの植え穴を掘る。

②植え穴に十分水を入れ、水が引いたら、顆粒状の殺虫剤を少し入れる。

③殺虫剤が隠れる程度に土をかけ、根鉢を崩さないように苗をおく。
※前日夕方に水をかけておくと鉢から抜けやすい。

④深植えにしないように注意し、穴を埋め戻す。

⑤植え付けたら、直ちに、水をたっぷりかける。

支柱立てと誘引

つるがよく伸びるため、のり網などを用いて誘引する。
※実を着ける頃にはかなりの重さになるので、頑丈に作ること。


追肥

実がなり始めたら、化成肥料を1m2あたり50~100g与える。
以後15~20日間隔で追肥を行う。

※肥え切れになると、変形果が発生するので、常に草勢に注意をはらっていること。

収穫

変色しないうちに収穫すること。※収穫遅れが続くと、草勢が低下する。

病害虫防除

ヨトウムシやアブラムシが発生する。
つるが混雑して、日照や通風不良により、ベト病やうどん粉病が発生する。

→混雑した部分の枝を間引きして、通風や日照を改善する。
※それぞれ、適用農薬を使って防除する。